レンタルボートで釣りをしよう

レンタルボートに乗ってみませんか

休日の堤防はどこも釣り人でいっぱい。 そんなときは、ボート釣り。
レンタルボートに乗って沖に出てしまいましょう。

貸しボート屋でボートを借りて沖に出てしまえば、混雑とは無縁。
数もサイズも、堤防釣りよりきっと満足できるはずです。

乗合船に乗って釣りをするという手もあります。
乗合船なら船長が、良く釣れるポイントまであなたを連れて行ってくれるでしょう。
トイレ完備、エサの準備もいりません。
しかし乗合船の場合は、指定された仕掛けを使わなくてはならないことが多いのです。 場合によっては錘の重さまで指定されてしまいます。

釣りの楽しみって魚を釣ることだけではないと、私は思います。
いろいろと本を読み、ネットで調べ、仕掛けをあれこれ工夫することも、釣りの楽しみのひとつです。
ボート釣りなら、ポイント選びもエサも仕掛けもすべてが自分次第。
自由にのびのびと釣りが楽しめます。

レンタルボートの種類

手漕ぎボート

公園のボートを考えてください。
公園のボートとの違いは、”いかり”または”おもり”が備えられていることくらいです。

手漕ぎボートは、浜から自分でボートを漕いでポイントを目指すのですが、店によっては曳舟のサービスがあります。
曳舟サービスとは、店のエンジン付きのボートで、手漕ぎボートを釣りのポイントまで運んでくれるサービスです。
釣りのポイントが遠い場合、曳舟サービスがあれば、それはそれは楽です。
だって自分で漕ぐのは、ポイントからポイントへ移動する時だけなのですから。

手漕ぎボートはたいてい2人乗りです。
お父さん+お母さん+子供
お父さん+子供+子供 という乗りかたをしたい人は、注意が必要です。

2馬力船ボート

船舶免許が不要な船外機船です。
手漕ぎボートに2馬力のエンジンがついているのをイメージしてください。

たったの2馬力ですが手漕ぎボートより断然速く、断然楽です。
操船が不安だというあなた、はっきりいって手漕ぎボートより操船は楽ですよ。

船外機付きボート

わが家には子供が3人いるので、子供達全員を連れてボート釣りをするとなると、どうしても船外機付きボートが必要になります。
船外機付きボートは、手漕ぎボートに比べレンタル料は高くなりますが、スペースの広さと、手漕ぎとは比べものにならないパワーはやはり魅力的です。
店によっては、魚群探知機が備えられているボートもあります。

ボートのサイズも6人乗り、8人乗りなどがあり、グループでの利用が楽しめます。

手漕ぎボートでそれぞれが散らばって釣りをするという手もありますが、仲間同士1艘の船でワイワイと釣りをするほうが楽しいでしょう。
グループでボート釣りをするのなら、船外機付きボートがいちばんです。

船外機付きボートをレンタルするには船舶免許が必要になります。
船舶免許といっても取得は簡単。
私は1泊2日の短期コースで船舶免許を取得しました。もちろん操船講習も受けています。
「えっ!こんな大きな船を動かすの?」と、最初はかなりドキドキしながらの離岸接岸の練習でした。(自動車教習所と違い、失敗してもパニックにならず手順とおりに操船すれば、試験で落ちることはないそうです)
また机上の勉強も、海上での交通ルールや船の装備など、初めて知ることだらけで、とても楽しく勉強をすることができました。